HIKARIMIRAI

FAQよくあるご質問

化粧品全般

  • Q.

    化粧品の使用上の注意事項について

    A.
    化粧品はお肌に対する安全性について十分に確認し、通常のご使用において刺激やトラブルが起こることのないように製造販売されていますが、使用する人の体質や体調・季節・年齢などによって、使用中·使用後に異常があらわれる場合がありますので、その場合はご使用を中止し、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

    ○お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
    ○傷やはれもの・湿しん等の異常がある場合はお使いにならないでください。
    ○お肌に合わない時は、ご使用を中止してください。
    ●使用中、赤み・はれ・かゆみ・刺激·色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
    ●使用したお肌に直射日光があたって、上記のような異常があらわれた場合。
    ○そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮フ科専門医等にご相談されることをおすすめします。


    化粧品ご使用上のご注意はこちら
  • Q.

    初めての化粧品を使う時に気をつけることはありますか?

    A.
    はじめての化粧品は必ずパッチテスト等、お試しの上ご使用ください。
    化粧品の容器や箱、箱の中の説明書にある表示にはその商品の使用方法、使用上の注意などが書かれていますので、よく読んでからご使用ください。

    化粧品ご使用上のご注意はこちら
  • Q.

    パッチテストを自分でする方法を教えてください。

    A.
      はじめての化粧品はパッチテスト等、お試しの上でのご使用をおすすめしています。
    ・上腕の内側を石けんでよく洗い、やさしくふきとります。洗った部分にテストする化粧品を少量(約1cm円形)塗ります。
    30分後に塗った部分に赤み・かゆみ等の異常がないかどうかを確認し、異常がなければ1日ないし2日間そのままの状態で様子を見ます。
    パッチテスト中は、なるべく入浴を避けてください。やむなく入浴される場合は、塗った部分をぬらしたり、こすったりしないようにご注意ください。

    ・洗顔料などの洗い流しが必要なものは100倍くらいにうすめてから(耳かき1杯分の化粧品を小さじ1杯分の水に溶かす)試してください。

    ・テスト後、特にお肌に異常がなくても、お肌はデリケートですので、体調や環境の変化によって突然合わなくなった場合はすぐにご使用を中止してください。
  • Q.

    紫外線は肌にどんな悪い影響をあたえるのですか?

    A.
    肌に影響のある紫外線には紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)があり、それぞれ肌に与える影響は違います。

    ・紫外線A波(UVA)は皮膚の真皮層にまで届き、肌の黒化や老化(シワやたるみ)を促進させるといわれています。
    ・紫外線B波(UVB)は皮膚の表面に作用して赤く炎症を起こす紫外線で、日やけによるシミ・ソバカスの原因といわれています。 
  • Q.

    紫外線吸収剤は、肌によくないのですか?

    A.
    紫外線を防止する成分には、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」と反射・散乱させる粉体の「紫外線散乱剤」の2種類があります。 紫外線吸収剤は、吸収剤そのものが紫外線を一度吸収してから熱などのエネルギーに変えて外に放つ働きがあります。


    紫外線散乱剤は、紫外線をはね返して外に散乱させるという働きがあります。 紫外線散乱剤は、酸化チタン(主に紫外線B波を防止する粉体)や、酸化亜鉛(主に紫外線A波を防止する粉体)などの粉体です。



    肌への安全性のテストをクリアした成分を使用しておりますが、紫外線吸収剤が肌に合わない方には「紫外線吸収剤無配合」の化粧品をおすすめします。
  • Q.

    SPF値、PA値について教えてください。

    A.
    紫外線防止効果のある化粧品は紫外線を浴びるシーンに適したものを選ぶことが大切です。
    下記を参考に最適な「SPF」や「PA」の化粧品を選んでご使用ください。
    SPF値とは、「Sun Protection Factor」の略で、紫外線B波によるサンバーン(赤くなる日やけ)の防止効果を表す数値です。数値が大きくなるほどサンバーンの防止効果が高くなります。  
    PA値とは、「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線A波による皮膚が黒くなる反応(持続型即時黒化)を指標にした紫外線A波の防止効果を表しており、「+」の数が多いほど紫外線A波防止効果が高いことを示しています。
    PA+       効果がある
    PA++      効果がかなりある
    PA+++    効果が非常にある
    PA++++   効果が極めて高い
  • Q.

    「SPF27」の化粧下地と「SPF35」のファンデーションを使ったら「SPF62」の効果があるのですか?

    A.
    「SPF」の数値は、それぞれの製品ごとに紫外線防止効果を測定して表示しておりますので足し算をして考えることはできません。適量を肌にムラなくのばすこと、こまめな化粧直しをおすすめします。 
  • Q.

    『医薬部外品』は「医薬品」や「化粧品」とは違うのでしょうか。

    A.
    『医薬部外品』は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)上では、「医薬品」と「化粧品」の間に位置するもので、「医薬品」と比べてその作用が穏やかなものです。『医薬部外品』は、肌あれ・ニキビを防ぐ、美白、デオドラントなどの効果を持つ「有効成分」が配合されていることが、「化粧品」との大きな違いです。
    また、「化粧品」は医薬品医療機器等法で全成分表示が義務づけられていますが、『医薬部外品』は業界団体の日本化粧品工業連合会の自主基準に基づいて成分表示がされています。そのため、「化粧品」に配合されている成分と同じ成分であっても、成分名が異なる場合があります。 

商品の使い方

  • Q.

    ファンデーションの色はどのように選んだらよいでしょうか。

    A.
    ファンデーションは、首の色に近い色を選ぶと自然な仕上がりになりますので、ほおの下の部分やあごのあたりに少量つけ、首の色との差を感じさせない色を選ぶことをおすすめします。
  • Q.

    パウダーファンデーションの表面に細かいブツブツができましたが、使い続けてもいいですか。

    A.
    ご使用中にパウダーファンデーションの表面にできる写真の様な固まりは、パウダーファンデーションの粉体が集まって固まったものと考えられます。


    粉体を押し固めてつくるパウダーファンデーションやアイシャドー等は、保湿効果や肌への密着性を高める目的で保湿成分等が配合されております。そのため、スポンジやチップで取るときに力が入り過ぎたり、同じ場所を何度もこすったりすると、成分同士がくっついて表面に細かいブツブツや、固まりができることがあります。清潔なスポンジやチップをご使用いただき、表面を均一にやさしいタッチで取るようにしましょう。

    また、水分や油分、皮脂などのよごれがついたままのスポンジやチップを使っていると、よごれがファンデーションに付着し、表面が固くなることがあります。 お使いの際、乳液やクリーム、日やけ止めや化粧下地等の量が多すぎると、余分な水分や油分がスポンジやチップについてしまいますので、下記の点に注意してご使用いただくことをお勧めします。

    ・乾燥が気になり、メイクをする前に乳液やクリームをご使用いただく際は、少量をお使いいただき、肌によくなじませてください。油分が多く残っている場合はティッシュ等で軽くおさえるようにしてください。
    ・日やけ止めや化粧下地は適量を顔全体にのばし、そのあとファンデーションやポイントメイクをつけてください。
    ・化粧直しの際には、お顔の汗や皮脂をティッシュやあぶら取り紙等で軽くおさえてからご使用ください。
    ・スポンジやチップは目が詰まらないよう、こまめに洗ってご使用ください。

    パウダーファンデーションやアイシャドーの表面が固くなってしまった時には、固くなった部分の表面を少し削ると元のように使用できます。
  • Q.

    日中用乳液はSPFの機能がついていますが、専用クレンジングは必要ですか?

    A.
    ダブル洗顔の必要はありません。洗顔料でていねいに洗ってください。 

品質・保管

  • Q.

    開封した化粧品はどのくらいで使い切ればよいでしょうか

    A.
    一度でも開封した化粧品は、空気や手指にふれることで、ホコリや雑菌が混入し製品の安定条件が変わってきますので、開封後3ヶ月程度を目安に、お早めに使い切ることをおすすめします。 
  • Q.

    古い化粧品が出てきたのですが、使えるでしょうか。

    A.
    化粧品は未開封のまま正しく保管されていれば、製造から3年以内に変質してしまうことはありません。(製造年月については、製造記号をお控えいただき、愛用者室にお問い合わせください。) しかし保管状態が悪かった場合や、一度でも開封した化粧品は注意が必要です。キャップを開けてみて、変なにおいがする、中身が分離している、色が変わっているなど、どこかおかしいなと感じたときは使用を避けましょう。高温多湿の場所や直射日光のあたる場所は避けて保管してください。 
  • Q.

    化粧品の保管方法を教えてください。

    A.
    化粧品は、温度変化が少なく、直射日光のあたらない、常温の場所に保管するようにしてください。
    直射日光のあたる場所や、高温または低温の場所は避けて保管してください。

    夏の間は特に、室内でも直射日光のあたる場所や屋外(特にプールやビーチ)、駐車した車の中などの高温になる場所に化粧品を放置しないように気をつけましょう。

    またバスルームの浴室乾燥機をご使用の際には室内が高温になる可能性がある為、化粧品の放置は避けるようにしましょう。また、誤飲等を防ぐために乳幼児の手の届かないところに置いてください。 
  • Q.

    化粧品は冷蔵庫に保管してもよいのでしょうか。

    A.
    化粧品は冷蔵庫に入れる必要はなく、常温で保管できます。むしろ、冷蔵庫からの出し入れによる温度変化が原因で品質の安定性が保たれなくなることが心配です。乳液などは分離する可能性もあります。直射日光のあたる場所や、高温または低温の場所は避けて保管してください。 

成分・安全性

  • Q.

    化粧品があやまって目に入ってしみましたが、大丈夫でしょうか。

    A.
    あやまって目に入ってしまった時には、すぐに水またはぬるま湯で洗い流してください。しばらくしても痛みや異物感がなくならない時には、化粧品以外の原因も考えられますので、早めに眼科専門医に行かれることをおすすめします。化粧品の原料は、安全性に配慮されたものが使用されていますが、目の粘膜は非常にデリケートですので、化粧品は目に入らないようにご注意ください。 
  • Q.

    子どもが乳液をなめてしまいましたが、大丈夫でしょうか。

    A.
    乳液の場合は、濡れたガーゼで口の中を拭き、(飲んだものをうすめるため)水や牛乳を飲ませてしばらく様子を見ましょう。それでも、気になる時には化粧品を持参して専門の医師に相談されることをおすすめします。
    乳液に限らず、化粧品の原料には安全性の高いものが使われていますが、あやまって口に入れることのないように十分注意して、日ごろからお子さまの手の届かないところに保管し、使用後は必ずキャップをきちんとしめてください。 
  • Q.

    どんな成分が入っているか教えてください。

    A.
    ホームページ内で商品ごとに成分表をご覧いただけます。

    スキンケア商品一覧
    ベースメイク商品一覧
    ポイントメイク商品一覧
  • Q.

    ノンアルコール化粧品の方が肌に安心ですか。

    A.
    化粧品には必要に応じてアルコールが配合されており、アルコールがお肌に合わない方には、ノンアルコール化粧品をおすすめします。

    成分表示では「エタノール」、医薬部外品では「エタノール」、「無水エタノール」と表示されています。

  • Q.

    界面活性剤は肌によくないのですか。

    A.
    界面活性剤は、水分と油分、水分と粉末など、そのままでは均一に混ざり合わないものをなじみやすくするはたらきがあります。化粧品に使用されている界面活性剤は、安全性テストをクリアしたものが使用されています。安全性を最優先とし、環境に対してもやさしいものを厳選し配合しています。
  • Q.

    鉱物油は肌によくないのですか。

    A.
    鉱物油は石油を精製して得られます。石油は太古の生物が長く地下に眠っている間に変化したもので、化学的には有機物と言い、生物と非常に関係深いものです。過去、粗悪な鉱物油を使用した化粧品が出回り問題が起きたことがあり、「鉱物油はお肌に悪い」という誤解が生じたようですが、当時の原因は鉱物油そのものではなく、混入した不純物であったことがわかっています。現在、化粧品に使用されている鉱物油は十分に精製され、変化しにくく、無味・無臭で肌への刺激も少ない成分です。
    一般的に鉱物系の成分より、動植物系の方がお肌にやさしそうな印象を受けますが、動植物系、植物系にも肌に刺激がある場合もあります。たくさんの成分の中から、鉱物系、動植物系にかかわらず、安全性の高いものを厳選して使用しております。
    成分表示では「ミネラルオイル」(医薬部外品では「流動パラフィン」)「ワセリン」と表示されています。 
  • Q.

    防腐剤は入っていますか。

    A.
    防腐剤は化粧品を使い終わるまで品質を保持するために必要不可欠な成分で、安全性の確認されたものを使用しています。化粧品を最後まで安全に快適にご使用いただくため、防腐剤を配合することで雑菌などが混入して起こる中身の変質を防ぎます。当社で配合している防腐剤は安全性が確認されている成分ですが、使用量や体質によっては、アレルギーなど、刺激となる場合もあります。ご自身の肌状態など必要に応じて、パッチテストなどでお肌に合うことをご確認の上お選びください。
  • Q.

    紫外線は肌にどんな悪い影響をあたえるのですか?

    A.
    肌に影響のある紫外線には紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)がありそれぞれ肌に与える影響は違います。

    ・紫外線A波(UVA)は皮膚の真皮層にまで届き、肌の黒化や老化(シワやたるみ)を促進させるといわれています。
    ・紫外線B波(UVB)は皮膚の表面に作用して赤く炎症を起こす紫外線で、日やけによるシミ・ソバカスの原因といわれています。
  • Q.

    紫外線吸収剤は、肌によくないのですか?

    A.
    紫外線を防止する成分には、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」と反射・散乱させる粉体の「紫外線散乱剤」の2種類があります。 紫外線吸収剤は、吸収剤そのものが紫外線を一度吸収してから熱などのエネルギーに変えて外に放つ働きがあります。


    紫外線散乱剤は、紫外線をはね返して外に散乱させるという働きがあります。 紫外線散乱剤は、酸化チタン(主に紫外線B波を防止する粉体)や、酸化亜鉛(主に紫外線A波を防止する粉体)などの粉体です。



    肌への安全性のテストをクリアした成分を使用しておりますが、紫外線吸収剤が肌に合わない方には「紫外線吸収剤無配合」の化粧品をおすすめします。
  • Q.

    金属アレルギーなのですが、化粧品に金属は含まれていますか。

    A.
    メーキャップ化粧品には、酸化鉄、酸化亜鉛、酸化チタンといった金属に由来する成分が含まれていますが、金属アレルギーの原因となりにくい成分です。しかしながら、どの様な物質がアレルギーの原因になるかは個人により差がありますので、使用につきましては医師に相談されることをおすすめします。 

こんなときは

  • Q.

    使用中に、肌に異常があらわれた場合どうしたらよいでしょうか。

    A.
    化粧品は肌に対する安全性について十分に確認し、通常の使用において刺激やトラブルの起こることのないように製造されていますが、使用する方の体質や体調、季節、年齢などによって、使用中、使用後に肌に異常があらわれることがあります。その場合はすぐにご使用を中止してください。そのままご使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、その場合は皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
    店頭にてカウンセリングを受けてくださったお客様には、数に限りはございますが、スキンケア商品のサンプルをお渡ししておりますので、お買い上げ前に肌に合うかお試しいただけます。
    また、お買い上げいただきまして、お試しになりお肌に合わない場合には、商品をご交換あるいはご返金の対応をさせていただいております。詳しくは、フリーダイヤルまでお問い合わせください。 
  • Q.

    使っているうちに、パウダーファンデーションの表面が固くなり、スポンジにつきにくくなりました。

    A.
    粉体を押し固めてつくるパウダータイプのファンデーションやアイシャドー等は、水分や油分、皮脂などのよごれがついたままのスポンジやチップを使っていると、よごれがファンデーションに付着し、表面が固くなります。場合によっては黒い固まりができることがあります。
    お使いの際、乳液やクリーム、日やけ止めや化粧下地等の量が多すぎると、余分な水分や油分がスポンジやチップについてしまいますので、下記の点に注意してご使用いただくことをお勧めします。

    ・乾燥が気になり、メイクをする前に乳液やクリームをご使用いただく際は、少量をお使いいただき、肌によくなじませてください。油分が多く残っている場合はティッシュ等で軽くおさえるようにしてください。
    ・日やけ止めや化粧下地は適量を顔全体にのばし、そのあとファンデーションやポイントメイクをつけてください。
    ・化粧直しの際には、お顔の汗や皮脂をティッシュやあぶら取り紙等で軽くおさえてからご使用ください。
    ・スポンジやチップは目が詰まらないよう、こまめに洗ってご使用ください。

    パウダーファンデーションやアイシャドーの表面が固くなってしまった時には、固くなった部分の表面を少し削ると元のように使用できます。 
  • Q.

    パウダーファンデーションが割れてしまったのですが。

    A.
    粉体などを押し固めて成型しているパウダータイプのファンデーションは、振動などの衝撃を加えると割れてしまうことがあります。
    割れに対する品質は十分に確認しておりますが、携帯する際には必ず専用の本体ケースにセットし、できるだけ衝撃を与えないようにご注意ください。
  • Q.

    スポンジがよごれた時の洗い方を教えてください。

    A.
    スポンジがよごれたときは、中性洗剤をうすく溶かしたぬるま湯で軽く押し洗いし、よくすすいでからかげ干ししてください。
    スポンジがよごれると、ファンデーションがつきにくくなったり、ファンデーションの表面によごれがついて固くなったりしてしまうので、清潔にしてお使いください。 
  • Q.

    スキンケア後やメイク中に、肌からポロポロとダマのようなものができますが大丈夫でしょうか。

    A.
    スキンケア化粧品や化粧下地を重ねづけする時に、こすりすぎることにより、使用した化粧料そのものがお肌の上でよれてしまったためと考えられます。重ねづけする際にはスキンケア化粧品や化粧下地は適量をていねいにのばしてご使用ください。 
  • Q.

    購入した商品の色や使用感が気に入らなかった場合、交換・返金はできますか。

    A.
    商品がお気に召さない場合は交換・返金を承ります。
    ・ご購入日より3か月以内の場合に限り対応させていただきます。
    ・ご購入時のレシートが必要となります。

    交換・返金をご希望の際にはフリーダイヤルまでお問い合わせください。事前にご連絡をいただいていない場合、交換・返金をお受け致しかねます。
    ご返送料につきましては、お客様のご負担とさせていただきます。
    購入店でお引き取りできる場合もありますので、ビューティーアドバイザーにおたずねください。
    セット商品など、一部サービスの対象外とさせていただく場合がございます。また、故意、悪意によるものと判断される場合は、お受け致しかねる場合もございます。 

店舗・ご購入

  • Q.

    どこで買えますか。

    A.
    全国の一部百貨店で取り扱っております。販売店はこちら
  • Q.

    通販はしていますか。

    A.
    インターネット販売は承っておりません。全国の一部百貨店で販売しております。販売店はこちら
  • Q.

    商品サンプルをもらいたいのですが。

    A.
    スキンケア商品に関しては、店頭にて、カウンセリングを受けてくださった際にお渡しさせていただいております。(数に限りはございます。)
    販売店では、ほとんどの商品を店頭でお試しいただけます。お買い上げいただきまして、お試しになりお肌に合わない場合やご使用感等にご満足いただけない場合には、商品のご交換あるいはご返金の対応をさせていただいております。

    ご交換ご返品についての詳細につきましては、以下の質問をご覧ください。
    使用中に、肌に異常があらわれた場合どうしたらよいでしょうか。
    購入した商品の色や使用感が気に入らなかった場合、交換・返金はできますか。
TOPへ